手抜きケアのイメージが強い

手抜きケアのイメージが強い

オールインワンゲルという化粧品に対して、人が抱くイメージは様々です。「便利で優秀なアイテム」と感じる人もいれば、「スキンケアが面倒な方のための手抜きケア」と感じる方もいらっしゃるでしょう。そして、「手抜きケア」のイメージが強いというのは、オールインワンゲルが抱える大きな問題点であると言えます。

 

手抜きケアのイメージが強い

友人に自信を持って言える?

例えば美意識の高い友人と、使用しているスキンケアコスメの話題になった時。「何のスキンケアコスメ使ってるの?」と訊かれ、「オールインワンゲル」と答えるのは恥ずかしく感じられる方もいらっしゃるでしょう。「オールインワンゲルって、手抜きのスキンケアだね」なんて思われそうで怖いですね。

 

オールインワンゲルと言えば、

 

  • 1つでスキンケアできるから楽
  • 時短ケアなので育児中や仕事が忙しい時に便利

 

というのが大きなメリットになっています。

 

これらの点だけを見れば、お肌への効果というよりは「利便性」だけを求めて作られた印象がありますね。そのため、友人に訊かれた時にも自信を持って答えられない方が多いのです。

 

本当に手抜きケア?

手抜きケアをしているイメージを周囲に抱かれてしまうのは、オールインワンゲルの大きなデメリットではありますが、そもそも本当に手抜きケアなのでしょうか?まずはそこから考えてみましょう。

 

オールインワンゲルを使えば、

 

  • お肌に触れる回数を減らして負担を軽減できる
  • 成分がバランスよく配合されているので正しいスキンケアができる

 

といったメリットがあります。

 

ただ手抜きしたいのではなく、お肌のことを考えたスキンケアをしていると考えることもできるのです。安さと手軽さだけで選んだオールインワンゲルだと、「手抜きのケア」になってしまうかもしれませんが、しっかり厳選したものを上手に活用していく分には、決して手抜きケアとは言えませんね。

 

むしろ最先端の化粧品という意識を!

手抜きケアのイメージが強いというデメリットを持つオールインワンゲルですが、むしろ「効率と効果を両立した最先端の化粧品を使ったスキンケアをしている」という意識を持ち、自信を持って使用してみると良いでしょう。そうして自信を持てば、美意識の高い友人にスキンケアについて訊かれた時にも、堂々と答えることができますよね。

 

もし、それで友人から「オールインワンゲル?そんなので良いの?」という反応が返ってきた場合は、「イマドキのオールインワンゲルの実力知らないの?」と逆にアドバイスしてしまうのも良いかもしれません。

 

こちらのランキングで紹介しているような優秀なオールインワンゲルなら、これまでの「手間ひまかけたスキンケアの重要性」のイメージが覆されるかもしれませんね。

関連ページ

使用感がベタベタするのが欠点!
オールインワンゲルはどんどん進化し、お肌に乗せるとスルスルと馴染んでくれるものも増えました。ですが、やはり「ゲル」ですので、化粧水などのサラッとしたアイテムとは違い、どうしても塗布後はベタベタと感じてしまいやすいのが困った点です。この使用感が苦手でオールインワンゲルを使わないという方も少なくありませんね。
衛生面の管理が大変!
オールインワンゲルは、大半がキャップを開けて中身を手に取り、使用していくタイプのものとなっています。こういったタイプの化粧品で心配なのは、化粧品の衛生面を維持することができるかどうかという点です。雑菌が侵入しやすい容器であるということを忘れず、しっかり対策していきましょう。