使用感がベタベタするのが欠点!

使用感がベタベタするのが欠点!

オールインワンゲルはどんどん進化し、お肌に乗せるとスルスルと馴染んでくれるものも増えました。ですが、やはり「ゲル」ですので、化粧水などのサラッとしたアイテムとは違い、どうしても塗布後はベタベタと感じてしまいやすいのが困った点です。この使用感が苦手でオールインワンゲルを使わないという方も少なくありませんね。

 

使用感がベタベタするのが欠点!

オールインワンゲルがベタつく理由

化粧水はサラサラとした水が一般的ですよね。中にはとろみのあるテクスチャーのものもありますが、それでもオールインワンゲルに比べると、サラッとしています。

 

そのため、お肌に乗せてもベタベタとすることがなく、また浸透力に優れたものならスーッとしみこむように浸透するので、深い感を感じることなく楽しめます。これに対して、オールインワンゲルはゲル状のトロリとしたテクスチャーなので、どうしても塗布の直後はベタベタしてしまいます。

 

さらに、

 

  • 浸透しにくい
  • 1つの中にいろいろな成分が含まれている

 

といった理由により、どうしてもベタベタしてしまうのです。

 

オールインワンゲルのベタベタを解決するには?

オールインワンゲルは確かにベタつきやすいアイテムではありますが、全てがそうというわけではありません。しっかり選び、上手に使うことができれば、そんな問題を解消することも十分に可能なのです。

 

  • 浸透力の高いオールインワンゲルを選ぶ
  • 大量に使い過ぎない
  • お肌に乗せたらよく馴染ませる

 

進化した最先端のオールインワンゲルなら、ベタベタしても一瞬で、すぐにお肌に浸透してサラッと仕上げてくれるので快適です。使用量を間違えず、適量だけをよく馴染ませれば、ひどいベタベタ感に悩まされることも無くなるでしょう。

 

また、それでも使用後のお肌にベタつきが残り、気になるという場合は、ティッシュオフしてしまうという方法もあります。ただし、夜寝る前などはちょっとくらい、ベタベタが残ったままで寝てしまえば、朝までにしっかり浸透されてお肌がよく潤うので、ティッシュオフはもったいないですね。

 

実は他のスキンケアよりベタつかないかも!?

オールインワンゲルは「一般的なスキンケアよりもベタつく」というのは、実は思い込みかもしれません。なぜなら、一般的に使用されている化粧水から始まってステップを踏んでいく方法の方が、ベタつく可能性が高いからです。

 

  • 化粧水だけでケアを終わることはできない
  • 美容液やクリームを重ねるとベタつく

 

一般的なスキンケアコスメには、こういったデメリットがありますね。化粧水だけならサラッと仕上がるけれど、潤いは蒸発してしまい、乾燥肌に対策することができません。これを守るためにクリームなどのアイテムをプラスすれば、ゲル以上にベタベタとしてしまうというわけです。

 

つまり、イメージとしてはオールインワンゲルの方がベタつく印象が強いですが、実際にはステップを踏むスキンケアの方が、ベタベタした不快な仕上がりになる可能性大なのですね。

関連ページ

手抜きケアのイメージが強い
オールインワンゲルという化粧品に対して、人が抱くイメージは様々です。「便利で優秀なアイテム」と感じる人もいれば、「スキンケアが面倒な方のための手抜きケア」と感じる方もいらっしゃるでしょう。そして、「手抜きケア」のイメージが強いというのは、オールインワンゲルが抱える大きな問題点であると言えます。
衛生面の管理が大変!
オールインワンゲルは、大半がキャップを開けて中身を手に取り、使用していくタイプのものとなっています。こういったタイプの化粧品で心配なのは、化粧品の衛生面を維持することができるかどうかという点です。雑菌が侵入しやすい容器であるということを忘れず、しっかり対策していきましょう。