ゴシゴシ摩擦は厳禁です!

ゴシゴシ摩擦は厳禁です!

オールインワンゲルを使用する際、ついゴシゴシとこすってしまう人がいます。ですが、摩擦というのはお肌に与える影響が非常に大きく、様々な肌悩みや肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。オールインワンゲルを塗布する際には、とにかく「こすらない」ことを大切にしましょう。

 

ゴシゴシ摩擦は厳禁です!

摩擦がお肌に与える影響

お肌をゴシゴシと摩擦してしまうと、お肌の角質層を傷つけてしまいます。するとバリア機能が低下してしまい、様々な肌トラブルが起こりやすくなるのです。

 

摩擦を繰り返すと、

  • 保水能力の低下
  • お肌の炎症の悪化(敏感肌に)
  • シミの発生

といった様々な問題が起こってきます。

 

お肌は想像以上にデリケートで、表皮はティッシュペーパー程度の厚みしかないと言われています。そんなデリケートな部分をゴシゴシこするのが良くないことは、イメージできますよね。

 

オールインワンゲルの塗り方

そんな摩擦によるお肌への影響を踏まえて、オールインワンゲルの正しい塗り方をチェックしてみましょう。

 

  • とにかく手に力を入れない
  • 使用量が少なくなりすぎないよう注意する
  • 擦りこむのではなく「押さえて馴染ませる」
  • マッサージに利用する際はたっぷり目の量で

 

これらのポイントに気を付けながら、お肌に指が触れないくらいの感覚でそっと伸ばし、馴染ませます。ゴシゴシすりこむような使用方法をしていると、いくら高品質なオールインワンゲルでも、エイジング悩みや肌トラブルの原因になってしまうので要注意です。

 

特に朝のバタバタな時間帯や、育児で自分のことにかまっていられないような時には、つい慌て塗布するために手に力が入ってしまいがちです。オールインワンゲルを使用する際には、できるだけ心に余裕を持ち、手の力を抜いて塗布していきましょう。

 

塗り下げるのもダメ!

もう1つ、オールインワンゲルで注意したいのが、「塗り下げる」という方法です。中には、手のひら全体にゲルを伸ばして、上から下にこするようにして馴染ませてしまう方もいます。ですが、このような方法はお肌に多大なダメージを与えてしまうので、すぐにやめましょう。

 

1度だけ顔を下げたからといって、大きな変化はないかもしれません。ですが、毎日のように「塗り下げる」という行為を繰り返していると、徐々にたるみを引き起こす原因になってしまいます。

 

オールインワンゲルを塗る際には、

  • 下から上へ
  • 内から外へ

という動きを意識するようにしてみてください。

 

ゲルを塗布して保湿ケアしながら、同時にたるみのケアをすることにも繋がります。

関連ページ

使用量をしっかり確認!
オールインワンゲルを使う際に注意すべきポイントの1つが、使用量です。どんな基礎化粧品にも言えることですが、使用量というのは多すぎても、少なすぎても良くありません。適量をしっかり確認し、またお肌の状態と相談しながら上手に使っていきましょう。
オールインワンゲルはしっかり馴染ませること!
オールインワンゲルはどんどん進化しており、お肌に乗せればスーッと浸透してくれるような高品質なものも増えてきています。ですが、化粧水から順に重ねていくタイプのスキンケアに比べると、どうしても浸透しにくいというデメリットがあります。これを克服し、快適に効果的に使用していくためには、しっかり馴染ませながら使用していくことが必要です。
ムラにならないように丁寧に塗布することも大事!
オールインワンゲルと言えば「時短ケア」のためのアイテムですよね。そのため、特に忙しくてスキンケアにかける時間の余裕がない方から支持されています。ただ、気を付けなければならないのは、「忙しいからと言って適当に塗るだけではダメ」という点です。ムラにならないよう、最低限の手間ひまをかけてスキンケアを行いましょう。