お肌の状態に合わせて他の化粧品との併用もアリ!

お肌の状態に合わせて他の化粧品との併用もアリ!

こちらのランキングで紹介しているオールインワンゲルは、基本的には「これ1つ」でしっかり実感できる魅力的なものとなっています。ですが、それでもお肌の状態によっては、オールインワンゲルだけだと物足りないと感じてしまうこともあるでしょう。そんな時には、状態に合わせて他の化粧品と併用する、という使い方も試してみましょう。

 

お肌の状態に合わせて他の化粧品との併用もアリ!

インナードライ肌なら化粧水をプラス

お肌の表面はベタつくけれど、内側はカラカラ…そんなインナードライ肌状態がひどい時には、オールインワンゲルよりも浸透しやすい化粧水を使ったケアがおすすめです。

 

  1. 洗顔後のお肌に化粧水をたっぷり補給
  2. 化粧水後のお肌をオールインワンゲルで仕上げ

 

化粧水の後はオールインワンゲル1つでも、潤いが蒸発してしまわないよう、しっかり守ってくれるので安心です。あれこれ使うよりも楽な方法で、インナードライ肌にも効果的に働きかけていくことができるのが嬉しいですね。

 

保水力不足ならクリームをプラス

いくら化粧水やオールインワンゲルで潤いを補給しても、時間の経過と共に潤いが不足してしまうことがありますね。これは、お肌が潤いを保つ力、「保水力」が不足しているために起こる症状です。そんな時には、コクのあるクリームをプラスすることで、お悩みを解消してしまいましょう。

 

  1. 洗顔後のお肌にオールインワンゲルをたっぷり塗布
  2. 気になる部分を中心にクリームを重ねづけ

 

特に目元や口元など、乾燥しやすい部分にはクリームを丁寧に重ねておくと良いですね。顔全体に使用しなくても、部分的にクリームを使うだけ、という方法でも効果的です。

 

使用順には注意が必要

基本的にはオールインワンゲルは、他の基礎化粧品と併用しても安全なものが大半です。ですが、せっかくの効果を最大限に活かすためには、使用する際に注意しなければならないポイントがあります。それは、使用順ですね。

 

  • 化粧水→オールインワンゲルの前
  • クリーム→オールインワンゲルの後

 

先にオールインワンゲルを使うと、化粧水の浸透を妨げてしまう恐れがあります。また、先に油分を補給してしまうと、せっかくのオールインワンゲルが浸透しにくくなります。

 

水分→油分の順番をしっかり守ることが、併用のコツです。この点をしっかり意識しながら、基礎化粧品との併用で、お肌野お悩みを上手にコントロールしていきましょう。

関連ページ

オールインワンゲル前の「落とすケア」に注目!
スキンケアというと、どうしても「与えるケア」に着目してしまいがちですよね。確かに潤いや栄養を与えてあげることは大切ですが、その前に、まずはお肌の準備を整えなければなりません。オールインワンゲルを使う前には、丁寧にクレンジングや洗顔という「落とすケア」を実践していきましょう。
蒸しタオルの使用で浸透力アップ!
オールインワンゲルは、毛穴がキュッと引き締まった冷えている状態では、浸透しにくく、ベタつきを感じてしまうことがあります。そんな時にはオールインワンゲルそのものを手のひらで温めるのも効果的ですが、同時にお肌も温めてみましょう。蒸しタオルは、オールインワンゲルの浸透力を高めたい時の心強い味方になってくれます。
スキンケアをさらに時短にしたいなら?
オールインワンゲルを使ったスキンケアは、ただでさえステップが大幅に省かれ、とても楽なものになっています。ですが、スキンケアの時間をさらに省いてしまいたい、という多忙な女性もいらっしゃるでしょう。そんな時には、スキンケアアイテムの選び方や使い方を工夫して、より効率的なスキンケアを実践してみましょう!