脂性肌なら皮脂量を調整!

脂性肌なら皮脂量を調整!

お肌がベタベタ、テカテカしてしまう脂性肌。メイクも崩れやすくて困ってしまいますし、ニキビなどの肌トラブルが発生しやすい厄介な肌質でもあります。そんな脂性肌も、上手にオールインワンゲルを使用していくことで解決できる可能性があるのです。

 

脂性肌なら皮脂量を調整!

脂性肌の意外な原因とは?

脂性肌が起こる原因はいくつかありますが、中には意外なものもあります。

 

  • 脂質や糖質を摂り過ぎる食生活
  • ホルモンバランスの乱れ
  • お肌の乾燥

 

脂質や糖質が皮脂量を増加させてしまうのは納得できますよね。ホルモンバランスに関しては、女性の場合、エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが体のリズムによって増えたり減ったりしています。このうち、プロゲステロンが優位になった時に皮脂量が増加しやすくなります。

 

そして意外な原因と言えるのが、「お肌の乾燥」ですよね。「乾燥肌ではないのに、なぜ乾燥が原因?」と感じられるかもしれませんが、実はこれが原因で脂性肌に悩まされる方が少なくないのです。

 

お肌の表面がベタベタしてしまう脂性肌ですが、内側はカラカラに乾燥した「インナードライ肌」という状態になっているケースが多々あります。内側が乾燥すると、「これ以上乾燥させてはいけない」という反応が起こり、潤いの蒸発を防ぐために皮脂が過剰分泌されてしまうのです。

 

つまり脂性肌に関しても、スキンケアによる対策で重要なのは「保湿」なのですね。

 

脂性肌のオールインワンゲル選び

脂性肌の方は、スキンケアでベタベタするのを避けたいという気持ちが強い方が多いでしょう。ステップを重ねるタイプのものでは、クリームなどを省いてしまう方もいますが、これは逆効果です。潤いが逃げてしまうのを防ぐため、かえって皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。

 

そこで、クリームを使用しなくても潤いを維持できるオールインワンゲルは大変おすすめのスキンケアアイテムとなります。

 

選び方のコツとしては、

 

  • ベタつかない快適な使用感のものを選ぶ
  • 保湿力にこだわる
  • 浸透力の良いものを選ぶ

 

といった点が挙げられます。

 

お肌に乗せた瞬間にスーッと浸透してくれるオールインワンゲルなら、インナードライ肌をしっかりケアできるうえに、脂性肌の方でもベタつかずに快適に使用できますね。

 

脂性肌ならこう使う!

脂性肌の方の場合は、オールインワンゲルに含まれる保湿成分をしっかりと内側に届けることを目標にした使い方をしていきましょう。

 

  • ステップ1:しっかりクレンジング・洗顔で余分な皮脂と汚れを除去
  • ステップ2:まずは化粧水をコットンでパッティング
  • ステップ3:オールインワンゲルでさらに潤いを与えながらバリア
  • ステップ4:手のひらでハンドプレスして馴染ませる

 

脂性肌は毛穴が詰まりやすく、きちんと洗浄しないとスキンケアコスメの浸透を妨げてしまう恐れがあるので要注意です。また、ゲルの前に化粧水を馴染ませておくことで、よりお肌の内側にまで潤いを届けやすくなります。

 

こういった、ちょっとした手間をかけることで、皮脂の過剰分泌を抑さえ、脂性肌悩みを根本から撃退していきましょう。

関連ページ

普通肌ならオールインワンゲル1つで充分!
水分と油分のバランスが取れた理想的な肌状態、普通肌。この肌質の方は、今の状態を維持していくスキンケアが重要になります。そして、そんな理想の状態の維持に、手軽なスキンケアアイテム、オールインワンゲルが大活躍してくれるのです。
頑固な乾燥肌も徹底対策!
多くの女性が抱えるお悩みと言えば、お肌の水分も油分も不足しがちな乾燥肌です。見た目にも粉をふいたようになってしまったり、触れるとガサガサと硬く感じられたりと、厄介な状態ですよね。そんな頑固な乾燥肌に対策していくためにも、オールインワンゲルを活用してみましょう。
厄介な混合肌のケアも簡単!
様々な肌質の中でも、特に厄介なものの1つと言えば混合肌です。同じ顔の中に、乾燥する部分とテカテカしてしまう部分が両方存在する状態になるので、スキンケアも大変ですよね。そんな混合肌の方でも、オールインワンゲルを使えば意外と簡単にスキンケアをすることができます。